機械学習・自然言語処理に関する研究を行っています。

  • Email: hakobaya at yahoo-corp.jp
  • URL: http://hayatokobayashi.com/
  • 素行調査: Yahoo!, DBLP, Patentfield

略歴

職歴

  • 2013年5月~現在    ヤフー株式会社 Yahoo! JAPAN研究所
  • 2010年4月~2013年4月 株式会社東芝 研究開発センター 知識メディアラボラトリ

学歴

  • 2007年4月~2010年3月 東北大学 大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻
  • 2005年4月~2007年3月 九州大学 大学院システム情報科学府 情報理学専攻
  • 2001年4月~2005年3月 九州大学 理学部 物理学科

その他

  • ヤフー株式会社 黒帯(2014~)
  • 平成19年度 日本学術振興会特別研究員(DC1) 「自律分散型マルチエージェント環境における知識発見に関する研究」 (2007年~2010年)
  • 九州大学チャレンジ&クリエイション 「RoboCup4足ロボットリーグ優勝への道」 2005年副代表者,2006年代表者
  • 2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業(情報処理推進機構) 「Webアプリケーションによるロボットプログラムの開発環境」 共同開発者
  • RoboCup四足ロボットリーグチーム Jolly Pochie メンバー (2004年~)

論文

査読付き国際会議

  1. Nobuhiro Kaji and Hayato Kobayashi, "Incremental Skip-gram Model with Negative Sampling", under review. (link)
  2. Taiji Suzuki, Heishiro Kanagawa, Hayato Kobayashi, Nobuyuki Shimizu, and Yukihiro Tagami, "Minimax Optimal Alternating Minimization for Kernel Nonparametric Tensor Learning", In Advances in Neural Information Processing Systems 29 (NIPS 2016), pages 3783-3791. Curran Associates, Inc, 2016. (pdf)
    (Acceptance rate of long papers: 23% = 568/2500)
  3. Kohei Sugawara, Hayato Kobayashi, and Masajiro Iwasaki, "On Approximately Searching for Similar Word Embeddings", In Proceedings of the 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2016), pages 2265-2275. Association for Computational Linguistics, 2016. (pdf, code)
    (Acceptance rate of long papers: 26% = 231/897)
    プレスリリース, Tech Blog, Twitter上の評判
  4. Heishiro Kanagawa, Taiji Suzuki, Hayato Kobayashi, Nobuyuki Shimizu, and Yukihiro Tagami, "Gaussian process nonparametric tensor estimator and its minimax optimality", In Proceedings of the 33rd International Conference on Machine Learning (ICML 2016), pages 1632-1641. JMLR.org, 2016. (pdf)
    (Acceptance rate: 24% = 322/1327)
  5. Kohei Yamamoto, Hayato Kobayashi, Yukihiro Tagami, and Hideki Nakayama. "Multimodal Content-Aware Image Thumbnailing", In Proceedings of the 25th International Conference Companion on World Wide Web (WWW 2016), pages 129-130. International World Wide Web Conferences Steering Committee, 2016. (pdf)
    (Acceptance rate of poster papers: 40% = 72/182)
  6. Tomoya Yamazaki, Nobuyuki Shimizu, Hayato Kobayashi, and Satoshi Yamauchi. "Weighted Micro-Clustering: Application to Community Detection in Large-Scale Co-Purchasing Networks with User Attributes", In Proceedings of the 25th International Conference Companion on World Wide Web (WWW 2016), pages 131-132. International World Wide Web Conferences Steering Committee, 2016. (pdf)
    (Acceptance rate of poster papers: 40% = 72/182)
  7. Yukihiro Tagami, Hayato Kobayashi, Shingo Ono, and Akira Tajima. "Distributed Representations of Web Browsing Sequences for Ad Targeting", In WSDM 2016 Workshop on Ad Targeting at Scale (TargetAd 2016). (pdf)
  8. Phiradet Bangcharoensap, Tsuyoshi Murata, Hayato Kobayashi, and Nobuyuki Shimizu. "Transductive Classification on Heterogeneous Information Networks with Edge Betweenness-based Normalization", In Proceedings of the 9th ACM International Conference on Web Search and Data Mining (WSDM 2016), pages 437-446. ACM, 2016. (pdf)
    (Acceptance rate: 18% = 67/368)
  9. Hayato Kobayashi, Masaki Noguchi, and Taichi Yatsuka. "Summarization Based on Embedding Distributions", In Proceedings of the 2015 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2015), pages 1984-1989. Association for Computational Linguistics, 2015. (pdf)
    (Acceptance rate of short papers: 22% = 155/700)
  10. Hayato Kobayashi, Kaori Tanio, and Manabu Sassano. "Effects of a Game on User Engagement of a Spoken Dialogue System", In Proceedings of the 16th Annual SIGdial Meeting on Discourse and Dialogue (SIGDIAL 2015), pages 422-426. Association for Computational Linguistics, 2015. (pdf)
    (Acceptance rate of short papers: 40% = 17/42)
  11. Phiradet Bangcharoensap, Hayato Kobayashi, Nobuyuki Shimizu, Satoshi Yamauchi, and Tsuyoshi Murata. "Two Step Graph-based Semi-supervised Learning for Online Auction Fraud Detection", In Proceedings of the European Conference on Machine Learning and Principles and Practice of Knowledge Discovery in Databases (ECML PKDD 2015), Part III, volume 9286 of LNCS, pages 165-179. Springer International Publishing, 2015. (pdf)
    (Acceptance rate of industrial papers: 29% = 12/42)
  12. Yukihiro Tagami, Hayato Kobayashi, Shingo Ono, and Akira Tajima. "Modeling User Activities on the Web using Paragraph Vector", In Proceedings of the 24th International Conference Companion on World Wide Web (WWW 2015), pages 125-126. ACM, 2015. (pdf)
    (Acceptance rate of poster papers: 33% = 72/220)
  13. Toshiaki Nakazawa, Sadao Kurohashi, Hayato Kobayashi, Hiroki Ishikawa, and Manabu Sassano. "3-step Parallel Corpus Cleaning using Monolingual Crowd Workers", In Proceedings of the 2015 Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING 2015), volume 593 of CCIS, pages 79-93. Springer Singapore, 2015. (pdf)
    (Acceptance rate of long papers: 40% = 18/45)
    Nakazawa won the best presentation award.
  14. Daisuke Kawahara, Yuichiro Machida, Tomohide Shibata, Sadao Kurohashi, Hayato Kobayashi, and Manabu Sassano. "Rapid Development of a Corpus with Discourse Annotations using Two-stage Crowdsourcing", In Proceedings of the 25th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2014), pages 269-278. Dublin City University and Association for Computational Linguistics, 2014. (pdf)
    (Acceptance rate: 31% = 217/705)
  15. Hayato Kobayashi. "Perplexity on Reduced Corpora", In Proceedings of the 52nd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2014), pages 797-806. Association for Computational Linguistics, 2014. (pdf)
    (Acceptance rate of long oral presentations: 17% = 95/572)
  16. Hayato Kobayashi, Hiromi Wakaki, Tomohiro Yamasaki, and Masaru Suzuki. "Topic Models with Logical Constraints on Words", In Proceedings of Workshop on Robust Unsupervised and Semisupervised Methods in Natural Language Processing (ROBUS 2011), pages 33-40. 2011. (pdf)
    (Acceptance rate: 55% = 6/11)
  17. Kengo Matsuta, Hayato Kobayashi, and Ayumi Shinohara. "Multi-Target Adaptive A*", In Proceedings of the 9th International Conference on Autonomous Agents and MultiAgent Systems (AAMAS 2010), pages 1065-1072. IFAAMAS, 2010. (pdf)
    (Acceptance rate: 24% = 163/685)
  18. Tatsuya Kasai, Hayato Kobayashi, and Ayumi Shinohara. "The Size of Message Set Needed for the Optimal Communication Policy", In Proceedings of the 7th European Workshop on Multi-Agent Systems (EUMAS 2009). (pdf)
  19. Hayato Kobayashi and Ayumi Shinohara. "Complexity of Teaching by a Restricted Number of Examples", In Proceedings of the 22nd Anual Conference on Learning Theory (COLT 2009), pages 293-302. Omnipress, 2009. (pdf)
    (Acceptance rate: 30% = 40/133)
  20. Tatsuya Kasai, Hayato Kobayashi, and Ayumi Shinohara. "Improvement of the Performance by using Received Message on Learning of Communication Codes", In Proceedings of the 8th International Conference on Autonomous Agents and MultiAgent Systems (AAMAS 2009), pages 1229-1230. IFAAMAS, 2009. (pdf)
    (Acceptance rate of extended abstracts: 15% = 9/60)
  21. Hayato Kobayashi, Tsugutoyo Osaki, Tetsuro Okuyama, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Development of an Augmented Environment and Autonomous Learning for Quadruped Robots", In RoboCup 2008: Robot Soccer World Cup XII, volume 5399 of LNCS, pages 109-120. Springer-Verlag, 2009.
    (Acceptance rate: 40% = 36/91)
    2008年度ロボカップ研究賞.
  22. Hayato Kobayashi, Kohei Hatano, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Autonomous Learning of Ball Passing by Four-legged Robots and Trial Reduction by Thinning-out and Surrogate Functions", In Proceedings of the 10th International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS-10), pages 145-154. IOS Press, July 2008.
    (Acceptance rate: 63% = 50/80)
  23. Hayato Kobayashi, Kohei Hatano, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Reducing Trials by Thinning-out in Skill Discovery", In Proceedings of the 10th International Conference on Discovery Science (DS2007), volume 4755 of LNCS, pages 127-138. Springer-Verlag, 2007.
    (Acceptance rate: 31% = 17/55)
  24. Hayato Kobayashi, Tsugutoyo Osaki, Eric Williams, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Autonomous Learning of Ball Trapping in the Four-legged Robot League", In RoboCup 2006: Robot Soccer World Cup X, volume 4434 of LNCS, pages 86-97. Springer-Verlag, 2007.
    Best student award nomination.
    2006年度ロボカップ研究賞.
    (Acceptance rate: 15% = 22/143)
  25. Hayato Kobayashi, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "A Framework for Advanced Robot Programming in the RoboCup Domain", In Proceedings of the 9th International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS-9), pages 660-667. IOS Press, March 2006.

査読付き論文誌

  1. Hayato Kobayashi, Tsugutoyo Osaki, Tetsuro Okuyama, Joshua Gramm, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Development of an Interactive Augmented Environment and its Application to Autonomous Learning for Quadruped Robots", IEICE Transactions on Information and Systems. E92-D(9):1752-1761, 2009.
  2. 小林 隼人, 畑埜 晃平, 石野 明, 篠原 歩. "間引き:ロボットのスキル発見における評価の削減手法", 人工知能学会論文誌, Vol. 24, No. 1, pages 191-202, 2009.

国内会議

  1. 中井 亮, 小林 隼人, 田頭 幸浩, 野口 正樹, 村尾 一真, 中山 英樹. "画像を利用したニュース記事のマルチモーダル要約システム", 第23回画像センシングシンポジウム(SSII2017), to appear, June 2017.
  2. 鍜治 伸裕, 小林 隼人. "Skip-gram Model with Negative Samplingのオンライン逐次学習", 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), pages 262-265, March 2017.
    言語処理学会第23回年次大会(NLP2017) 優秀賞
  3. 村尾 一真, 小林 隼人, 村上 直也, 谷塚 太一, 小林 健, 日暮 立, 明神 学, 松田 昇悟, 増田 毅司, 野口 正樹. "事例紹介: ヤフートピックス見出し候補の自動生成", 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), 企業ブース・デモ, March 2017.
  4. 鍜治 伸裕, 小林 隼人. "単語の分散表現の逐次的学習", 第19回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2016), D1-54, November 2016.
  5. 金川 平志郎, 小林 隼人, 清水 伸幸, 田頭 幸浩, 鈴木 大慈. "ニュース・動画サービス間のクロスドメイン推薦における課題", 第19回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2016), D1-64, November 2016.
  6. 菅原 晃平, 小林 隼人, 岩崎 雅二郎. "On Approximately Searching for Similar Word Embeddings", NLP若手の会(YANS) 第11回シンポジウム, P13, August 2016.
  7. 小林 隼人. "分散表現に基づく主観的テキストの分析", 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1L4-1, December 2015.
    キーノート講演
  8. 小林 隼人. "国際会議報告 EMNLP 2015 ~文書要約~", 第2回自然言語処理シンポジウム, 2015-NL-224(10), December 2015.
    依頼講演
  9. 小林 隼人. "分散表現に基づく文書要約", Yahoo! JAPANデータサイエンスワークショップ, December 2015.
    依頼講演
  10. 小林 隼人, 野口 正樹, 谷塚 太一. "分散表現に基づく劣モジュラ最適化を用いた文書要約", 第23回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会 ―第18回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2015)―, D-87, November 2015.
  11. 金川 平志郎, 清水 伸幸, 小林 隼人, 田頭 幸浩, 鈴木 大慈. "非線形テンソル学習手法の高速化とYahoo!ショッピング購買金額予測への適用", 第23回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会 ―第18回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2015)―, D-71, November 2015.
  12. 山崎 朋哉, 清水 伸幸, 小林 隼人, 山内 智. "重み付きグラフに対するマイクロクラスタリングの拡張とオークションデータへの応用", 第23回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会 ―第18回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2015)―, D-67, November 2015.
  13. 小林 隼人, 谷尾 香里, 颯々野 学. "音声対話システムにおけるゲームの効果", 第6回対話システムシンポジウム, pages 25-26, October 2015.
  14. 山元 浩平, 茂木 哲矢, 田頭 幸浩, 小林 隼人, 小野 真吾, 中山 英樹. "内容ベースアイテム推薦とユーザ属性分布の予測", 第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), DS2-9, July 2015.
  15. 田頭幸浩, 小林隼人, 小野真吾, 田島玲. "Paragraph Vectorを用いたウェブ上のユーザー行動のモデリング", 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015), pages 692-695, March 2015.
  16. 野口 正樹, 谷塚太一, 小林隼人. "分散表現を用いたヤフー知恵袋の要約", 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015), pages 1084-1087, March 2015.
  17. 山元 浩平, 茂木 哲矢, 田頭 幸浩, 小林 隼人, 小野 真吾, 中山 英樹. "ディスプレイ広告の画像特徴量を用いたユーザプロファイル推定とクリック率予測", パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), PRMU2014-149, pages 179-184, February 2015.
  18. Phiradet Bangcharoensap, Hayato Kobayashi, Nobuyuki Shimizu, Satoshi Yamauchi. "Analysis of Fraudulent Bidder's Behaviors", 第19回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会 ―第17回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014)―, D-01, November 2014.
  19. 山元浩平, 茂木哲矢, 田頭幸浩, 小林隼人, 小野真吾. "ディスプレイ広告の画像特徴量を用いたクリック率予測", 第19回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会 ―第17回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2014)―, D-28, November 2014.
  20. 河原 大輔, 町田 雄一郎, 柴田 知秀, 黒橋 禎夫, 小林 隼人, 颯々野 学. "2段階のクラウドソーシングによる談話関係タグ付きコーパスの構築", 情報処理学会 第217回自然言語処理研究会, 2014-NL-217(12), July 2014.
  21. Hayato Kobayashi. "Perplexity on Reduced Corpora", 第11回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会 ―第15回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2012)―, pages 31-38, November 2012.
  22. 小林 隼人. "単語間論理制約付きトピックモデル", 第9回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会, June 2012.
    招待講演.
  23. 小林 隼人, 若木裕美, 山崎智弘, 鈴木優. "論理制約付きトピックモデルのためのディリクレ森事前分布構成法", 第5回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会, pages 67-74, June 2011.
    2011年度情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会賞.
  24. 小林 隼人, 若木裕美, 山崎智弘, 鈴木優. "重み付き z-ラベルによる半教師あり潜在的ディリクレ配分法", 電子情報通信学会2011年総合大会, D-20-4, March 2011.
  25. 小林 隼人, 篠原 歩. "例数制限付き教示の複雑さ", 電子情報通信学会2010年総合大会 計算理論における学生の研究パワー:COMP学生シンポジウム, DS-1-6, March 2010.
    招待講演.
  26. 小林 隼人, 篠原 歩. "例数制限付き教示の複雑さ", 2008年度冬のLAシンポジウム, pages S2.1-S2.10, February 2009.
  27. 葛西 達也, 小林 隼人, 篠原 歩. "通信規約学習の拡張による協調精度の向上", 情報処理学会第71回全国大会講演論文集, pages 200-202(3R-2), March 2009.
    葛西君が学生奨励賞を受賞.
  28. 小林 隼人, 畑埜 晃平, 石野 明, 篠原 歩. "間引きを用いたパス技術の自律学習", 情報処理学会 第70回 全国大会講演論文集 第2分冊, pages 209-210, March 2008.
  29. 小林 隼人, 畑埜 晃平, 石野 明, 篠原 歩. "間引きを用いたシュートモーション学習", 人工知能学会 第25回 SIG-Challenge研究会, pages 52-57, May 2007.
    2007年度人工知能学会 研究会優秀賞.
  30. 石野 明, 小林 隼人. "段階的なロボットプログラム開発", 情報処理学会 夏のプログラミング・シンポジウム2006, pages 53-60, September 2006.
  31. 柳町 修平, 大崎 嗣豊, 小林 隼人, 石野 明, 篠原 歩. "実ロボットによる揺動運動のスキル獲得", 人工知能学会 第62回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), pages 17-22 March 2006.
  32. 小林 隼人, 井上 淳, 石野 明, 篠原 歩. "スクリプト言語Luaを用いたロボカップ四足ロボットリーグシミュレータ", 人工知能学会 第21回SIG-Challenge研究会, pages 20-25, May 2005.
  33. 小林 隼人,石野 明,篠原 歩. "スクリプト言語の組み込みとモジュールシステムが調和するフレームワーク" 情報処理学会 若手の会セミナー 2005, September 2005
  34. 三島 拓朗, 井上 淳, 小林 隼人, 石野 明, 篠原 歩. "モンテカルロ位置同定法による四足ロボットの自己位置同定とロボットサッカーへの応用", 情報処理学会 火の国情報シンポジウム2005, CD-ROM, March 2005.

技術報告

  1. Akira Ishino, Ayumi Shinohara, and Hayato Kobayashi. "Jolly Pochie 2007: Team Description Paper", In RoboCup 2007: Robot Soccer World Cup XI, LNCS, CDROM. Springer-Verlag, to appear.
  2. Hayato Kobayashi, Jun Inoue, Tsugutoyo Osaki, Tetsuro Okuyama, Shuhei Yanagimachi, Takahito Sasaki, Keisuke Oi, Seiji Hirama, Akira Ishino, Ayumi Shinohara, Akihiro Kamiya, Satoshi Abe, Wataru Matsubara, Tomoyuki Nakamura. Jolly Pochie Technical Report in RoboCup 2006, Technical report, Jolly Pochie, 2006.
  3. Hayato Kobayashi, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Jolly Pochie 2006: Team Description Paper", In RoboCup 2006: Robot Soccer World Cup X, volume 4434 of LNCS, CDROM. Springer-Verlag, 2007.
  4. Hayato Kobayashi, Tsugutoyo Osaki, Akira Ishino, Jun Inoue, Narumichi Sakai, Satoshi Abe, Shuhei Yanagimachi, Tetsuo Okuyama, Akihiro Kamiya, Kazuyuki Narisawa, and Ayumi Shinohara. "Jolly Pochie Technical Report RoboCup 2005", Technical report, Jolly Pochie, 2005.
  5. Jun Inoue, Hayato Kobayashi, Akira Ishino, Ayumi Shinohara. "Jolly Pochie 2005 in the Four Legged Robot League", In RoboCup 2005: Robot Soccer World Cup IX, volume 4020 of LNCS, CDROM. Springer-Verlag, 2006.

受賞など

受賞

  1. ヤフー株式会社 2016Q4 D&Sアワード スーパーポスター賞 2件
    メンバーとして.
  2. 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017) 優秀賞
    鍜治 伸裕, 小林 隼人. "Skip-gram Model with Negative Samplingのオンライン逐次学習", 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), pages 262-265, March 2017.
    共著者として.
  3. ヤフー株式会社 2016Q1 D&Sアワード D&Sスーパースター
    メンバーとして.
  4. ヤフー株式会社 黒帯認定(2014~)
    個人として.
  5. 2011年度 情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会賞
    小林 隼人, 若木裕美, 山崎智弘, 鈴木優. "論理制約付きトピックモデルのためのディリクレ森事前分布構成法", 第5回情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会, pages 67-74, June 2011.
    主著者として.
  6. 2011年度下期 株式会社東芝 研究開発センター ポスター発表会 3位入賞
    個人として.
  7. 2009年度 東北大学 大学院情報科学研究科 博士後期課程 学位記受領総代
    個人として.
  8. 2008年度 ロボカップ研究賞
    Hayato Kobayashi, Tsugutoyo Osaki, Tetsuro Okuyama, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Development of an Augmented Environment and Autonomous Learning for Quadruped Robots", In RoboCup 2008: Robot Soccer World Cup XII. volume 5399 of LNCS, pages 109-120. Springer-Verlag, 2009.
    主著者として.
  9. 2007年度 人工知能学会 研究会優秀賞
    小林 隼人, 畑埜 晃平, 石野 明, 篠原 歩. "間引きを用いたシュートモーション学習", 人工知能学会 第25回 SIG-Challenge研究会, pages 52-57, May 2007
    主著者として.
  10. 2006年度 九州大学 大学院システム情報科学府 情報理学専攻 MVP
    個人として.
  11. 2006年度 ロボカップ研究賞
    Hayato Kobayashi, Tsugutoyo Osaki, Eric Williams, Akira Ishino, and Ayumi Shinohara. "Autonomous Learning of Ball Trapping in the Four-legged Robot League", In RoboCup 2006: Robot Soccer World Cup X, volume 4434 of LNCS, pages 86-97. Springer-Verlag, 2007.
    主著者として.
  12. 2005年度 九州大学総長賞 優秀賞
    九州大学チャレンジ&クリエイション2005
    「RoboCup4足ロボットリーグ優勝への道」
    副代表者として.
  13. 2004年度 日本ロボット学会 最優秀賞
    ロボカップジャパンオープン2004 大阪 4足ロボットリーグ
    チーム Jolly Pochie
    チームメンバーとして.

研究費

  1. 2007-2009年度 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
    「実時間自律分散型マルチエージェント環境における知識発見に関する研究」
    代表者
    2,700千円 (900+900+900)
  2. 2006年度 九州大学チャレンジ&クリエイション
    「RoboCup4足ロボットリーグ優勝への道」(継続)
    代表者
    200千円
  3. 2005年度下期 未踏ソフトウェア創造事業(情報処理推進機構)
    「Webアプリケーションによるロボットプログラムの開発環境」
    共同開発者
    1,500千円
  4. 2005年度 九州大学チャレンジ&クリエイション
    「RoboCup4足ロボットリーグ優勝への道」
    副代表者
    500千円

RoboCup四足リーグ戦歴

  • 2004年
    • RoboCup国内大会 4位
    • RoboCup世界大会 予選敗退
    • OPEN-R テクノフォーラム PK部門,レース部門ともに優勝
  • 2005年
    • RoboCup国内大会 予選敗退
    • RoboCup世界大会 ベスト8進出(日本チームとして3年ぶり)
  • 2006年
    • RoboCup国内大会 準優勝
    • RoboCup世界大会 予選敗退
  • 2007年
    • RoboCup国内大会 予選敗退
    • RoboCup世界大会 ベスト8進出(日本チームとして2年ぶり)
      テクニカルチャレンジ競技 総合2位入賞
      Microsoft Robotic Studio チャレンジ 3位入賞
  • 2008年
    • RoboCup国内大会 3位入賞
  • 2009年
    • RoboCup国内大会 3位